MENU

朝食抜きダイエットは逆効果になる3つの理由

「朝食べると太る」――、あなたもこのように考えておられませんか?
これはダイエットでよくある典型的な勘違いです。

 

カロリーを気にして朝食なしで済ます人のほうが、しっかり3食食べる人よりも太る傾向があるのです。

 

あなたは「時間栄養学」という新しい学問をご存知でしょうか?
体内時計によって変わるからだの状態や、いわゆるバイオリズムを従来の栄養学に取り入れたものです。とくにダイエットや糖対策などに役立つ知見を提供しているわけですね。

 

この時間栄養学によれば、朝食を抜きは痩せないどころかむしろ逆効果というわけですね。
その理由を3つ紹介していきます。

 

朝食べないことで、エコモードで活動してしまう

その理由として、まず、朝、食べないことで、からだがエネルギーを自動調整して、「エコモード」に入るからです。

 

わたしたちのからだは、睡眠のあいだ、無駄なエネルギーを消費しないように、「エコモード」になっています。ところが、朝食抜きにすると、からだの活動スイッチが入らず、日中も「エコモード」が継続してしまうわけですね。

 

これだと、からだも頭脳も十分なパフォーマンスを発揮できず、仕事や活動の調子が上がらないでしょう。不健康なだけでなく、間食や過食の原因となり、かえって太りやすくなるのです。

 

筋肉量がダウン

2つめの理由は、筋肉量が減少してしまいやすくなることです。
朝食を抜いてしまうと、低血糖になるため、脳のエネルギーであるところの糖分をしっかり補給するのに、筋肉のタンパク質を糖質に変換してエネルギーにするという調整が行われます。

 

なぜ筋肉が減少するかというと、エネルギーを燃やす場所こそ筋肉だからです。
その結果、筋肉の量が低下して、太りやすくなっていくわけですね。

 

昼食、夕食にドカ食いしてしまう

3つめの理由として、昼食、あるいは夕食が過食気味になってしまうことが挙げられます。
少し考えてみてください。
朝から何も食べず、空腹のまま数時間過ごすわけですから、当然飢餓感に高まっているでしょう。そんな状態でランチやディナーを前にしたら、ついドカ食いしても不思議ではありません。

 

やっかいなのは、一気に食べてしまうことで、血糖値が急激に上昇してしまうこと。
糖質を備蓄するためにインスリンが働くので、からだに余分な脂肪がつきやすくなるわけです。

 

いかがでしょう?
朝食抜きという習慣は、健全なカロリー消費の機会を奪ってしまう悪習慣という考えていただきたいのです。

 

では、「朝食抜き」をやめるかわりに、どのような新しい習慣づくりを初めて行けば良いのでしょうか?

 

「朝食抜きダイエット」よりも現実的!健康的なダイエットサポート習慣

3食しっかり食べる

あなたはご存知でしょうか?食事によってとりいれる栄養素は、およそ4時間で吸収されてしまうことを。

 

次の食事までは、脳はブドウ糖以外は利用できません。
その結果、体内に蓄えられたグリコーゲンが半日でなくなってしまったあとは、骨や筋肉のタンパク質を糖に変える「糖新生」という反応が起こります。やがて骨や筋肉が弱ってくるのです。

 

また、インスリンの力が低下することも見逃せません。食後のみ高血糖となりやすくなるでしょう。

 

もしダイエットを目的としてエネルギー摂取を制限するなら、1日3食のほうが実現しやすいのです。どうしても1日1食しか食べたくないというあなたは、断然朝に食べるほうが望ましいです。

 

21時以降の食事が、スリムなからだを遠ざける

同一カロリーの食事を夜に摂取すると、朝食で摂ったときに比べ、その熱消費量が4分の1になるといわれています。
これは22時から深夜2時にかけて、脂肪合成を促進するタンパク質・BMAL1の働きが最も活発になりためです。

 

つまり夜型生活は、知らないあいだにスリムなからだから遠ざかっていく生活態度なんですね。

 

それだけではありません。
体内時計も狂っていくので、心身のトラブルを引き起こす原因にもなるのです。

 

仕事の関係上、夜型の生活になってしまうということも考えられます。しかし、健康管理がズボラなために、夜型になって悪循環のスパイラルに陥っているなら、朝型生活に変えていくことをおすすめします。健康的なスリムボディも夢ではありません。

 

「糖」対策をして、健康成分を補給する

ダイエットをするうえで大切なのは、「糖」対策を意識すること。
とくに体脂肪が気になっている方は、ヘルシーな食事の習慣だけでなく、健康作用の高い成分をとりいれて、「糖」をケアする必要があります。

 

今、注目を集めているのがアカシアポリフェノールです。
からだの老化、サビをケアしながら、抗酸化パワーで健康面をサポートしていきます。

 

そんなアカシア樹皮ポリフェノールを配合した唯一のサプリメントが「アカポリアプラス」です。

 

ポリフェノールといってもたくさんの種類がありますが、とりわけアカシアポリフェノールが優れているのは、その配合量。ヒノキやスギの樹皮からもポリフェノールは抽出できますが、アカシア樹脂の量は圧倒的。ヒノキと比べて、10倍です。

 

もちろんサプリメントだけ飲んで、効果的な「糖」対策や減量ができるわけではありません。でも、ダイエット以前に、しっかり食べて働かないと暮らしていけないわけですから、朝食抜きなどの負荷がかかる食事制限はできませんよね。

 

栄養バランスを考えた食事と、そのサポートして「アカポリアプラス」の習慣を続けていくことで、理想のボディを目指していけるでしょう。

 

矢印


選ばれているアカポリアプラス

アカシアポリフェノール配合アカポリアプラス

アカポリアプラス

アカポリアプラスの特徴

株式会社ミモザクスが長年の研究と検証を重ねて開発した「糖」に悩む人のためのサプリメント。希少なアカポリアポリフェノールにとことんこだわり最高レベルの品質の健康食品に仕上げました。神の木と珍重されたアカシア樹皮には、健康パワーがぎっしり!1日目安6粒の中に赤ワイン4杯分のポリフェノールを配合。血糖値が気になるあなたへ。まずは3ヶ月続けてみてください。違いがわかります。

価格 2,560円(税込)※初回半額キャンペーン中
送料 無料
評価 評価5
アカポリアプラスの管理人のコメント

「糖」が気になる年代であるにもかかわらず、なかなか食事制限って実行は難しいですよね。無理なことをしても続きませんし、かえって体に負荷をかけてしまいます。だからこそ健康食品を利用して食後の上昇を穏やかにしたいところ。アカポリアプラスは国内外で38件もの特許を取得したハイクオリティ認証商品だけあって安心品質。糖の吸収をおさえて毎日のごはんを楽しめるでしょう。

糖の吸収をおさえ食後血糖値の上昇を穏やかに

 

 

アカポリアプラス写真

▼管理人の体験談はこちら▼


アカポリアプラス【愛飲者ボイス】買う前に口コミチェック TOPに戻る

 

このページの先頭へ