MENU

血糖値カーブをなだらかにする食事法

血糖値を高めてしまう食事習慣としてあげられるのは、早食いと大食いです。
早食いは意識的にゆっくり噛むようにして、食べる順番を変えるなどして避けることができます。

では大食いをやめるにはどうすればいいのでしょうか。ここでは血糖値カーブをなだらかにする食事法をご紹介します。

ひとつのやり方として、食事回数を増やすというのがあります。

と言っても、食べる量そのままで回数を増やすのではなく、一回あたりの食事量を減らすのです。
そのかわり、1日4食、あるいは5食にするわけですね。

誰にとっても「一日三食」は絶対正しいというわけではない

日本人の多くは、一日三食が当たり前と考えています。
しかし、この食事習慣は明治時代になってから確立されたものなのです。

もともと日本人は朝夕の2食でした。
ヨーロッパでは、現在も1日に2回の食事が普通という国があるくらいです。

他方、東南アジアでは1回の食事の量が少なく、そのかわり1日5回くらい食べる国もあります。
実はこの食事習慣は、血糖値対策として好都合なのです。

量を減らすことで急上昇の機会がなくなる

食事の回数を増やせば、一回あたりの食事の摂取量が少なくなります。
血糖値が上がるのはそこそこボリュームのある食事を摂った直後。
これを3食続けたら、1日3回、急激な上昇が起こるわけですね。

それなら食事回数を増やし、一回あたりの摂取量を減らすことを通じて、食後の血糖値のカープがなだらかにするほうが理に適っています。

食事回数の増やし方

たとえば、

  • 朝食

  • 昼食

  • 夕食

  • 夜食

といったふうに4回に増やすことはできないでしょうか。

朝食にはバナナ一本、昼食には玄米とお味噌汁と野菜、夕食は玄米と焼き魚、夜食は豆腐やこんにゃく、野菜などです。

4時間空くようにすれば、ほどよい空腹感がでてくるでしょう。
ただし、最後の夜食は、あまり遅い時間になりすぎないよう注意が必要です。

どうしても食べすぎてしまう傾向がある方は、あえて食事回数を増やしてみるというのも有効なのではないでしょうか?

矢印


選ばれているアカポリアプラス

アカシアポリフェノール配合アカポリアプラス

アカポリアプラス

アカポリアプラスの特徴

株式会社ミモザクスが長年の研究と検証を重ねて開発した「糖」に悩む人のためのサプリメント。希少なアカポリアポリフェノールにとことんこだわり最高レベルの品質の健康食品に仕上げました。神の木と珍重されたアカシア樹皮には、健康パワーがぎっしり!1日目安6粒の中に赤ワイン4杯分のポリフェノールを配合。血糖値が気になるあなたへ。まずは3ヶ月続けてみてください。違いがわかります。

価格 2,560円(税込)※初回半額キャンペーン中
送料 無料
評価 評価5
アカポリアプラスの管理人のコメント

「糖」が気になる年代であるにもかかわらず、なかなか食事制限って実行は難しいですよね。無理なことをしても続きませんし、かえって体に負荷をかけてしまいます。だからこそ健康食品を利用して食後の上昇を穏やかにしたいところ。アカポリアプラスは国内外で38件もの特許を取得したハイクオリティ認証商品だけあって安心品質。糖の吸収をおさえて毎日のごはんを楽しめるでしょう。

糖の吸収をおさえ食後血糖値の上昇を穏やかに

 

 

アカポリアプラス写真

▼管理人の体験談はこちら▼


アカポリアプラス【愛飲者ボイス】買う前に口コミチェック TOPに戻る

このページの先頭へ